上尾市市制60周年を記念して、カフェ・ど・アッピーのデザインをリニューアルしました!

こんにちは。

みなさんは、上尾市が今年で60歳になるのをご存知でしたでしょうか?上尾市の市制施行は1958年(昭和33年)7月15日で、今年はちょうど60周年の記念すべき節目の年です。
これを記念して、当店でもドリップバッグコーヒー商品「カフェ・ど・アッピー」のパッケージラベルを新しいデザインにしました。

切り株に座ったアッピーが、コーヒータイムを楽しんでいる、とても可愛らしいデザインです。

商品の美味しさはそのままに、明るく楽しいデザインで、より手に取りやすいように工夫しました。
「カフェ・ど・アッピー」は上尾市観光協会の推奨土産品にも認定されております。
まずは飲んで見てください。スペシャルティコーヒーのおいしさが伝わると思います。
 

「カフェ・ど・アッピー」(ドリップバッグコーヒー商品)
飲みやすい味わい。アプリコットやチョコレートを思わせる甘く滑らかな口当たり。 中深煎り
1個(単品)140円 5個入りパック 650円 10個入りパック 1200円

 

当店だけでなく、上尾の情報発信ステーションあぴっと!や上尾市役所内の売店、ふれあいの店でもお取り扱い頂いています。
今後も上尾市を代表する魅力的な商品となるように努力を重ねてまいりたいと思います。

***********************************************************

 

※ここからは「カフェ・ど・アッピー」の商品遍歴です。

 

上尾市のマスコットキャラクターであるアッピーでコーヒーの商品を作ろうと思ったのが、2011年。
東日本大震災があった年で、関東でも物を消費するということに対して、多くの人が大きく意識や考えを改め直していた時期です。
当時の流行としては、全国区でコンテストがおこなわれたほど、ゆるキャラブームが過熱していた頃でした。
コーヒーも、現在に至るコーヒーブームのはじまりの頃で、全国的に自家焙煎のコーヒー店が増え、コーヒーのムック(雑誌)が発行されたり、コーヒー器具のメーカーも消費者の好みを商品に反映させて、格好いいものやカラフルなものが出始めていた時期でした。


手軽においしいコーヒーが楽しめるドリップバッグコーヒーも人気が出始めていて、当店でも上尾のマスコットキャラクター・アッピーをモチーフに飲みやすくて、おいしいドリップバッグコーヒーを作ろうと商品化しました。


2011年10月30日に発売開始し、2013年の4月に上尾市観光協会の推奨土産品に認定を受け、現在に至っています。上尾市のふるさと納税のお礼品にもブレンドとセットにして、提供させて頂いております。
2016年の熊本地震の際には、売上の一部を義援金とさせて頂き、1年間活動を続け、寄付の金額についてはあげポタで報告させて頂きました。
商品誕生から7年が経ち、2018年が上尾市の市制60周年ということで、それに合わせて気分も新たに商品のリニューアルを致しました。

 

余談ですが、商品の名前は、”ブラジルのコーヒー”を意味する「カフェ・ド・ブラジル」をもとに遊び心を加えて名付けました。ブラジル産コーヒー豆の麻袋には必ず裏面に「カフェ・ド・ブラジル」のロゴが入っています。

”上尾のコーヒー”のニュアンスを若干、いや・・かなり・・ひねってみました。

 

今後も上尾市を代表する魅力的な商品となるように努力を重ねてまいりたいと思います。
これからもこの商品を温かく見守って頂けると幸いです。

 

********************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所:埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
URL:http://www.bansyu-coffee.net

国際品評会カップ・オブ・エクセレンス・ニカラグア2位入賞豆好評発売中!

こんにちは。桜も満開となり、すっかり春の陽気ですね。お出かけしやすい、この季節に当店はとびっきりのコーヒーをご用意しました。

国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」。

コーヒーの生産国(現在、10カ国で開催)で年に1回おこなわれているスペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)の国際品評会です。 「おいしさ」という観点から評価された入賞コーヒーはどれも素晴らしい風味をもち、最高品質の肩書きに恥じない美味しさです。入賞豆はインターネットオークションによって売買され、その落札額の大部分は生産者の手に渡ります。作った生産者が報われるプログラムになっています。

当店は開店以来の14年間、継続して「カップ・オブ・エクセレンス」入賞コーヒーを取り扱っています。

当店で扱っているコーヒーはすべてスペシャルティコーヒーですので、その頂点に位置する「カップ・オブ・エクセレンス」入賞豆は特に上位の豆を扱えるよう努力してきました。

1位のチャンピオンコーヒーを落札したのは14回におよびます。埼玉県内に限れば、これだけの数、直接落札のもと、チャンピオンコーヒーを扱ったのは当店だけです。
5位以内のコーヒーを継続的に種類多く扱っているお店は、全国を見てもそれほど多くはありません。

ここ数年、スペシャルティコーヒーの市場は大きく様変わりし、上位入賞豆はより高価格化しつつあります。もちろん上位入賞豆は、それだけの素晴らしい美味しさのある豆です。

今回、ご紹介するのは2017年のニカラグア品評会で2位に入賞した「ゴンサロ・アダン」です。

カップ・オブ・エクセレンス・ニカラグア2位ゴンサロ・アダン
50gパック 1130円 100gパック 2160円 250gパック 4320円

 

ジャスミンの香り。柑橘や葡萄を思わす風味。きらきらした酸。ベルベットのような滑らかさ。長く続く心地良い後味。上品。

ゴンサロ・アダンというのは農園主の名前です。農園の名前は「ラス・プロメサス・デ・サンブラス」とちょっと長くて言いづらいので、農園主さんのお名前を商品名とさせて頂きました。

すでに販売していますが、お買上げされたお客様からは「とても美味しい!」とお褒めの言葉を頂き、ちょっとお高めにも関わらず、リピート頂いております。

ゴンサロ・アダンさんは、長年の内戦の後遺症とも言えるシングルマザー救済のため、彼女たちを積極的に雇っている生産者です。
カップ・オブ・エクセレンスでは90点以上のスコアのコーヒーをプレジデンシャルアワードという別表彰にするのですが、今回の入賞豆は見事、90点を超えプレジデンシャルアワードを受賞しました!

ちなみに当店ではブレンドを含めたコーヒー豆を250g以上お買上げ頂くと、店内で「ゴンサロ・アダン」を200円で1杯サービスしております。(通常、店内で1杯800円)

この素晴らしいコーヒーを是非この機会にお試しください。

追伸:「カップ・オブ・エクセレンス」入賞豆は、このように風味を保つため、真空パック(バキュームパック)で梱包され、日本に入ってきます。

********************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所:埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
URL:http://www.bansyu-coffee.net

ニカラグア・ドリップバッグコーヒー、まもなく販売終了となります!

こんにちは。

昨年の秋から発売していていたドリップバッグコーヒー「ニカラグア・エル・ケツァール・ジャバニカ」ですが、おかげさまで近日中に、完売となります。

当店での販売分は若干、在庫がありますが、上尾の情報発信ステーション「あぴっと!」販売は、数日中に販売終了となります。

もう一度という方は、お早めにお願い致します。

柑橘系のさわやかな風味で人気の商品でした。ご愛顧いただいたお客様、有難うございました。
また、違った産地でドリップバッグコーヒーを作りたいと思います。どうぞご期待ください。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

話題のお菓子、お試しになりましたか?相性抜群!コーヒー豆のご紹介

こんにちは。

話題のお菓子「ダック和ーズ」。発売開始になりましたね。お試しになられた方、いらっしゃいますでしょうか?

 

上尾市内の和菓子、洋菓子店さんが結束した「あげおスイーツ研究会」が、市内ご出身で、芸能界きってのスイーツ好きと知られる的場浩司さんのご協力を頂いて、研究に研究を重ねて、完成させたお菓子が「ダック和ーズ」です。

外のサクッ!とした食感に、中の求肥のモチッ!とした食感。
味は「カスタード」と「チョコレートガナッシュ」の2種類があり、私も頂きましたが、スイーツとして大アリだと思いました。
私はチョコレートガナッシュと求肥の組み合わせ、食感のバランスが特に素晴らしいと思いました。

今月いっぱいまでということですので、是非お試しください。

http://www.ageocci.or.jp/ageo-sweets/index.html(上尾商工会議所サイト)
https://www.city.ageo.lg.jp/page/ageosweets.html(上尾市役所サイト)

 

さて、今月はホワイトデーもあり、お菓子が身近な月ですね。当店ではお菓子に合うブレンドとして「モカ・ジャバ」という季節限定のブレンドをこの時期、販売しております。焙煎は中深煎りでダークチョコレートっぽい味わいのブレンドです。

季節限定のブレンド「モカ・ジャバ」(中深煎り)
ベリーを思わす風味。ダークチョコレートのような滑らかさ。スパイシーな後口。
100gパック 750円 250gパック 1500円 500gパック 2400円

 

もちろん「ダック和ーズ」とも相性バツグン!是非ご一緒にどうぞ。
(写真手前が「ダック和ーズ」です。左が「チョコレートガナッシュ」で右が「カスタード」です。)
「モカ・ジャバ」は3月20日頃までの販売です。
注:当店の店内で「ダック和ーズ」を召し上がることはできません。
*********************************************

ここからは「モカ・ジャバ」の商品アラカルトです。

 

「モカ・ジャバ」は、世界で最初に出来たブレンドと言われています。

コーヒーの発祥の地はエチオピアですが、エチオピアのコーヒーは紅海を挟んだイエメンにもたらされ、どちらのコーヒーもイエメンにある港町モカから出荷していました。エチオピア、イエメンのコーヒーはモカと呼ばれ、出港したコーヒーはアフリカ大陸をぐるっと回ってヨーロッパに輸出していました。(スエズ運河がない時代です)

 

モカのコーヒーは、16世紀、インドネシアのジャワ島にもたらされました。ジャワ島でのコーヒー栽培は成功し、ジャワはモカに続くコーヒーの一大産地となりました。

 

中世のヨーロッパのコーヒー好きは、産地が違うことでコーヒーの味が変わることに驚いたでしょうし、2つのコーヒーを混ぜて飲んでいたのかもしれません。

正確な記録はありませんが、モカとジャワを配合した「モカ・ジャバ(ジャワ)」は、ブレンドの型として古くからあります。ブレンドの配合内容としては定番であり、欧米のコーヒー屋さんでは、クラシカルなブレンドとして扱っているところも多いようです。

 

当店のモカ・ジャバはスペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)を使い、モカはエチオピアのイルガチェフェ地区、ジャバは代わりとしてインドネシア・スマトラ島産のものを使って作っています。

 

モカ・ジャバについては面白いサイトがあります。
サイトは閉鎖してしまいましたが、インターネットアーカイブに残されています。ご興味のある方はどうぞ。

https://web.archive.org/web/20071006093504/http://www.espresso.jp/essay25.htm(モカジャバの謎 前編)
https://web.archive.org/web/20070901225048/http://www.espresso.jp:80/essay26.htm(モカジャバの謎 後編)

こちらのサイト主さんには、10年前、モカジャバ販促時に大変お世話になりました。サイトの情報も承諾のうえ、当時、販促用資料として使わせて頂きました。この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。有難うございました。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

晩秋通信83号、発行しました!

こんにちは。


 当店ではお客様に向けてニュースレーターを不定期で発行しています。「晩秋通信」という名前で、お店の情報や、活動した内容のレポート、スペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)の最新情報などを発信しています。

 

1年ぶりの発行となる83号では、昨年7月に参加してきた焙煎合宿のレポートです。日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が開催しているリトリートと呼ばれる合宿で、合宿中、焙煎職人たちがグループを作って課題をそれぞれ提出するというものです。

 

スペシャルコーヒーはコーヒーの実の熟度が高いため、豆質が硬く、普通に焙煎していたのでは持ち味をすべて引き出せないことが多くあります。そのため、それを意識した焙煎方法を取らなければなりません。

 

私を含めた焙煎職人たちの苦労をどなたでも読めるように楽しくレポートにしました。
焙煎する人間がどういうことを考えているのか、どう対処しようとしているのか、その挑戦物語をどうぞお楽しみください。

店頭で無料配布しております。どうぞご覧ください。

追伸:過去に発行した晩秋通信をまとめたスクラップ帳、昨年から整理しはじめましたが、

63号で止まっていたものを、残りすべて印刷し、最新の83号まで読めるようにしました。

かなりのボリュームがありますが、こちらもどうぞ読みに来てください。

********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

話題のゲイシャ種、当店ではじめて発売します!

こんにちは。
今回、とびっきりのコーヒーをご紹介します。
中米コスタリカ産のゲイシャ種のコーヒー豆です。

ゲイシャ種は、もともとエチオピア起源の野生種です。1960年に中米に持ち込まれました。生産性が低いこともあって、この品種を植える農園は少なかったのですが、2000年代、スペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)の時代になり、事件が起こりました。

2004年にパナマで行われた国際品評会「ベスト・オブ・パナマ」でゲイシャ種のコーヒーが1位を獲得し、そのコーヒーが当時の最高落札価格21ドル(ポンドあたり)で落札されたのです。

その農園は2007年まで同品評会にゲイシャ種を出品し、落札額を年々高騰化させながら(最後の2007年の落札額は130ドル)、4年連続優勝の快挙を成し遂げ、ゲイシャの名前を世界的に有名なものにしました。

その後、コーヒー生産国の間でも話題の品種となったゲイシャは、パナマだけでなくコスタリカ、ホンジュラス、ボリビアなど中南米の国々に広がっています。

 

ゲイシャ種の魅力。
それは花や香水のような豊かな香りです。ゲイシャ種のスペシャルティコーヒーの香りは、うっとりするものがあります。
日本でもコーヒーファンを中心にブームを起こし、すでに有名な品種となっています。

 

そのゲイシャ種を今回、当店で初めて扱います。味を見たうえで納得のいくコスタリカのゲイシャを買い付けることができました。

 

「コスタリカ・ラスマルガリタス・ゲイシャ」
花のような香りにマスカットや白桃を思わす風味
50gパック 1200円 100gパック 2300円

 

3kg限りの入荷です。是非ご賞味ください。

 

※ラス・マルガリタス・ゲイシャ100gまたは他の豆250g以上をお買上げの方に、 店内で1杯1000円で飲めるラス・マルガリタス・ゲイシャを300円で提供します。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

「上尾まちゼミ」開講!今年もコーヒー教室やっています!2018

こんにちは。

 

今月、上尾まちゼミが開講中であることを皆様ご存知でしょうか?
まちゼミは、お店の人が講師になって、専門知識やプロならではのコツをご提供する少人数のゼミです。

 

上尾商工会議所の主催でおこなわれています。今年のまちゼミは17店のお店が参加しています。

 

上尾商工会議所 情報誌「あぴお2018年2月号」(4〜5ページ目参照):http://www.ageocci.or.jp/apio/pdf/201802/apio201802.pdf

 

当店も「おいしいコーヒーのいれ方講座」で今年も参加させて頂きました。

申し込みはまだ受け付けております。ご希望の方は電話にてお申し込みください。

TEL:048-725-0151

 

2/5現在、お申し込みの状況は以下の通りです。

 

2/7(水)分・・・・・1名様分の枠が残っています。
2/14(水)分・・・・4名様分の枠が残っています。
2/21(水)分・・・・2名様分の枠が残っています。

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

カッピングセミナーに参加してきました!!

こんにちは。晩秋のマスター、堀江です。
寒い日が続きますね。

 

1/27(土)、日本スペシャルティコーヒー協会が主催するカッピングセミナーのために新橋に行ってきました。
カッピングとはコーヒーの世界でいうところのテイスティング(味を見ること)のことです。

当店が扱っているコーヒーは、スペシャルティコーヒーと呼ばれる高品質コーヒーで、スペシャルティコーヒーには、飲んだ人が美味しいと感じさせる良さや特徴があります。
スペシャルティコーヒーに関わるプロは、その良さを評価できなければなりません。好ましい特徴、良い特徴があったら、それを捉えられなければなりません。

それができるようになるには、トレーニングあるのみです。

カップにコーヒーの粉を入れて、お湯を注いだだけの直漬けの状態でコーヒーを評価します。コーヒーの油分ごと抽出できるので、このやり方は豆のもつ個性がわかりやすいのです。

スプーンでコーヒーをすすって、テイスティングします。
味を判断し、スコアシート(採点表に)評価を書いていきます。
おいしさを評価する味覚8項目が評価項目になります。
「雑味のあるなし」、「爽やかか否か(酸味の質)」、「口当たり」、
「好ましい風味が感じられるか」「後味が良いか」、「甘さを感じるか」などです。

 

お気付きになられた方も多いかもしれませんね。これらの味覚項目はコーヒーに限らず、飲み物であれば共通して言える項目です。

 

スペシャルティコーヒーが登場するまでのコーヒーは、発酵した味がない、カビの味がない、などの欠点のあるなし、あるいは少なく感じるか多く感じるかで、コーヒーを評価してきました。(今でもスペシャルティコーヒーでない普通のコーヒーはそのように評価されています。)

スペシャルティコーヒーが出てきて、ようやく他の飲み物と同じように味の良さで評価されるようになったのです。

採点が終わったら、その採点の仕方に誤りがないか、講師の方にチェックして頂きます。
このようなセッションを4回やり、トレーニングしてきました。

 

カッピングは技術があがっても、更なる上がある世界です。
細部の採点の付け方。また良さがあった時、その特徴を何かしら別の食べ物に置き換えて表現するのですが(例、オレンジのような風味、ミルクチョコレートのような風味)、その表現が点数の付け方と合っているか、など上級者には上級者の課題があります。

 

カッピングは、豆の買い付けや、焙煎の良し悪しの判断、またブレンド作りにも影響する重要な技術です。

 

当店は全国の仲間とスペシャルティコーヒーの勉強をしながら、原料生豆を共同で産地から直接買い付けています。
素晴らしい風味のコーヒーを上尾のお客様にお届けするためにも、またその素晴らしい風味をお客様にお伝えできるように、カッピングについてはおそろかにせずに、今後も追求していきたいと思います。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

1/27(土)休業のお知らせ

1/27(土)、SCAJセミナー参加のため、休業とさせていただきます。

よろしくお願い致します。

 

********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

本年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

5日より営業しております。

新年の営業は福袋の販売ではじまりました。
おかげさまで毎年ご好評を頂いております。

発売の際に用意した時の写真です

 

ただいま5000円の福袋が4袋ほど、ご用意あります。
中身は500〜700g程度のコーヒー豆(6種類以上入っています)とコーヒー器具が入っています(袋によって中身が異なります)
大変お得となっておりますので、ご興味のある方は是非お問い合わせください。ご来店お待ちしております。

 

※1/9(火)から1/11(木)まで休業を頂きます。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
サイトURL:http://www.bansyu-coffee.net

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM