<< アッピーを飲んで、北海道を応援しよう!(厚真町よりお礼状を頂きました) | main | アッピーを飲んで、北海道を応援しよう!(2019年2月分報告) >>

ナチュラルコーヒーとおはぎのフードペアリング

こんにちは。コーヒーの世界にはフードペアリングという言葉があります。

コーヒーと食べ物の食べ合わせのことです。
 

当店で扱っているコーヒーは、スペシャルティコーヒーと呼ばれる味の良さで評価された高品質コーヒーですが、その味わいも、柑橘系の爽やかな風味や酸をもったもの、ミルクチョコレートのような甘く滑らかな口当りをもったもの、スパイス系の風味をもったもの、と様々です。
味わいの方向性の似た食べ物と合わせると、相乗してコーヒーも食べ物も美味しさをより引き立たせます。

ということで今回ご紹介するコーヒーは、ナチュラル製法のコーヒー。
収穫したコーヒーチェリーをそのまま天日で乾燥させ、干しブドウのようにしてから、脱穀し、中の豆を取り出す処理方法です。
果肉をつけたまま、乾燥する製法のため、かなりきっちり丁寧な処理をしないと発酵した味が出やすいのですが、決まった時は、ドライフルーツやスパイスといった個性的で甘い風味のコーヒーができます。

今回、ご紹介するのは、国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス・ブラジル2017」のナチュラル部門で5位に入賞したシティオ・カショエイラ。パイナップルやハチミツ、ミルクキャラメルといった甘い風味のコーヒーです。
このコーヒーに合わせるのは、おはぎ。川越に本社を構えるスーパーマーケット「ヤオコー」のおはぎです。
個人的に、ここのおはぎは、美味しいと思います。
さいたま市西区の西大宮に新店が先月開店し、向山からでも車で10分程度で行けるようになったのが嬉しいですね。

甘く滑らかなあんこに、ナチュラルコーヒーの甘い味わいは非常に相性がよく、お互いの美味しさを引き立たせます。
今週はお彼岸ですし、食べる機会も多いのではないでしょうか?是非、お試しください。

カップ・オブ・エクセレンス・ブラジル2017ナチュラル 5位
シティオ・カショエイラ(中煎り)
100g 1300円
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
WEBサイト:http://www.bansyu-coffee.net
この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM