<< 晩秋オリジナル珈琲豆保存缶 発売開始! | main | ロータスカフェ様 >>

8/6 大宮日進七夕祭り&小江戸川越花火大会

 8/6(土)にさいたま市北区の日進町で七夕祭り、そして川越市の伊佐沼で花火大会が
開催され、どちらも行ってみたかったので、はしごしました(笑)

店を閉めるのが19時。花火大会が終わるのが21時ということで2時間枠という制限のなかで強行なスケジュールを敢行しなければなりません。頭のなかで時間配分を決めて行動しました。
まずは、上尾の向山からさいたま市日進町までを自転車でサイクリング。

やはり今年は節電を意識しながらの開催でした。

でも、綺麗ですよね。

川越の百万灯夏祭りもそうですが、人間に一番の清涼感を与えるのは鮮やかな色彩かもしれませんね。

時間が来たので日進駅から川越線(埼京線)に乗ります。
昨年、改築された新しい駅舎も七夕飾りで華やかに彩られます。

向かうは川越市の南古谷駅。日進からだと12分くらいかかります。

19時40分の川越行き。店を出て40分経過です。日進にいたのはわずか20分!
南古谷到着。ここから25分、田園風景のなかを歩いて伊佐沼に向かいます。
駅の北口に周りこむと、花火が上がっているのが見えました。
実を言うと、荒川を渡るあたりで電車のなかからも見えました。

南古谷駅から伊佐沼までは田園風景のなかの1本の道を直進します。
近づくにつれ、花火も大きく、迫力を増します。
ちなみにこの道・・・花火観覧目当ての路駐の車でいっぱいでした(笑)
20台以上はあったかな?
車で伊佐沼の近くまで来る選択はたぶん選べませんね。

池の湖面に着き、パシャパシャとデジカメで撮影しました。
100枚のうち、1枚でもいい写真が撮れればと思ってです。
すでに時間は20時10分を経過。

やはり花火を撮るのは難しいですね。
花火大会に関して言えば、今年は上尾の平方、荒川河川敷で行われる花火大会は
震災の自粛で中止となりました。
いろいろ事情もあるかと思いますが、世相の暗い世の中、花火は見る多くの人たちに活気を与えて
くれると思います。
川越市は花火に震災で亡くなった方たちへの鎮魂の意味も込めて、開催したということです。
その英断は素晴らしいと思います。

結局、時間が押して、21時半までの打ち上げとなりました。
足を運んだ甲斐がありました。

使命(?)を果たし、また南古谷駅まで歩き、日進まで電車に乗って、帰路に着きました。
歩き疲れましたが、夏の風物詩をいっぺんに楽しめて満足な一夜となりました。
この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM