幻の芝地駅をもとめて・・・

鎌倉の江ノ電という路面電車を先日のブログでご紹介しましたが、戦前、埼玉県にも路面電車が走っていました。
さいたま市と川越市を結んでいた路面電車(チンチン電車)で、実は埼玉県内ではじめて走った電車でもあります。(それまでの鉄道はすべて蒸気機関車)

詳しくはインターネットで調べていただきたいのですが、そのチンチン電車は西武大宮線(あるいは川越電気鉄道)と呼ばれ、大宮駅西口から県道2号さいたま春日部線に沿いながら、荒川を超えて、川越の喜多院北側にあった川越久保町駅まで繋いでいました。明治に開業し、川越線ができる昭和15年まで走っていたそうです。

今となっては、その名残をしめすものはほとんど残されていません。線路が敷かれていた箇所が一部道路として残されている程度のようです。

この路線の最もミステリアスな部分は、現代に至るまで数度の改修によって大きくその姿を変えた荒川付近だと私は思います。川の形が違うだけでなく、周辺にあった道もほとんど面影をとどめていないからです。

荒れる川と書くことからわかるように荒川は荒天となるたびに氾濫を起こし、周辺一面を
水に浸け、近隣に住む農民たちを苦しめ続けてきました。

そんな荒川は大正時代、こんな感じでした。(現在の上江橋付近)

ほぼ中央に西武大宮線が走っていますね。

平成の今の時代の地図はこんな川の形をしています。

画像拡大はコチラ
Y字型に入間川(左側の川)と荒川(右側の川)が分かれています。
大正の写真にあったチンチン電車の軌道線がどこらへんを走っていたのか平成の地図に青線を引きました。

写真の右中央に川越線の指扇駅がありますが、その下に「駅入口」という交差点が
あります。上の大正時代の地図で同じ箇所を見るとチンチン電車の駅があったようで
赤い四角で駅が塗られています。かつてはここに合戸という駅があり、秋葉神社への最寄り
駅として機能していました。

そこから青線を西に進みましょう。地図に「さいたま市」と書かれています。
「さいたま市」の”市”の文字の上のあたりを、大正時代の地図で見ると、合戸の次の駅が
あることが赤く塗られていることからわかります。この駅の名前は高木駅です。
高木駅のあったあたりは、現在はこんな感じです。大宮駅方面を向いて撮っています。

駅とはいいますが、実際は電球がついただけの電柱が1本立って、その電柱に駅名が書いて
あっただけだそうです。

高木駅跡から西に道はまっすぐ進みます。現在では、荒川の手前でゴルフ場となってしまい
道も消えてしまいますが、かつては現在の荒川もなく、このまま直進して今の川越グリーンパーク北側の古谷小学校に通ずる道に繋がっていました。
http://yahoo.jp/1oxWs0
川越グリーンパークを左半身囲むように流れている川がかつての荒川の流れです。
高木駅からここまでの区間は荒川の大改修を受けているため今と昔では全く景色が異なっているのでしょうね。

旧荒川の右側、川越グリーンパークがあったあたりからもう少し東側に寄ったあたりは
かつて広大な萱野原だったそうです。この萱野原は芝地と呼ばれ、春にはサクラ草が
咲くことで知られていたそうです。
大正時代の地図には載っていませんが、時季によってはチンチン電車の臨時の停留所
が設けられたそうです。
その”芝地駅”は高木駅の西1.3kmの地点にあったそうです。大正時代の地図でいうと
道と線路がちょうど離れるあたりです。
平成の地図ではこの道と離れるあたりがはっきり特定できません。
荒川と入間川の中洲の左端のような気もします・・・。
実際、その位置から青線を北に伸ばしましたが、入間川の対岸である可能性も否定できません。
そんな幻の芝地駅の跡を探して、該当するであろう場所を探索しました。

河川敷、川越側から南方面を撮りました。奥に見えるのは現在の上江橋です。
普通に緑に覆われた河川敷です。

入間川のそばです。奥の陸地は荒川との間にある中州です。

川越方の河川敷です。東を向いて撮っています。電車は自転車があるあたりを南に向けて
併設道路めがけて南下して走っていたのではないでしょうか?

川越グリーンパーク北側の道を東に行くと、土手があります。
階段があるので上りきると河川敷になります。やや南側を向いています。上江橋が見えますね。

同じ場所から北側を見ています。この景色のどこかをチンチン電車が走っていたのです。

上江橋から北を向いて自動車教習所の敷地を見ています。
この視点の南東から北西に向けてチンチン電車が走っていたはずです。

西武大宮線を調べているサイトは結構ありますので、ご興味のある方は是非調べて
みてください。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net

3/9JR川越線、指扇駅新駅舎供用開始!

上尾では平方にお住まいの方に馴染みのあるJR川越線指扇駅。

ずっと古い駅舎を使い続けてきたわけですが、その指扇駅が日進駅に続いて改築され、
ようやく新駅舎になりました。3/9から供用開始となり、早速見に行きました。

駅周辺は秋葉神社などの歴史の長い神社が多く、また武蔵野の面影を残した雑木林、
日本家屋、昔ながらの田園風景がいまだに残っています。
新しい駅舎はそういった地域色を取り入れ、土や歴史を連想させる日本家屋的な
デザインにしたそうです。

駅の上に改札がある、いわゆる橋上駅舎です。駅の南北を通行する自由通路ができました。
旧駅舎は駅南口しかなかったので、今回の新駅舎は北口も同時開設です。

これが新しく出来た指扇駅北口です。ロータリーは2015年3月に完成ということで、
とりあえず北口に降りられるようにしたという感じです。

駅の内観はこんな感じです。新しい駅はいいですねえ〜。

北口にはテラスができました。
指扇駅は小さな駅なので学生たちの待ち合わせにはちょうどいいんでしょうね。

テラスから見下ろした駅北口。現在、ロータリーを作っています。
正面の道は指扇病院や上尾方面に向かう道。
現在はすべて南口のロータリーに迂回しているので、これが完成したら
南口ロータリーに集中していた自動車の待ち合わせ駐車など分担されて
だいぶ緩和されそうです。

また北口の宅地開発も進み、人口も増えていきそうですね。
***********************************************************
川越線は高崎線や宇都宮線などと比べると、ややローカル線のカラーが強い
路線です。
気動車が長らくトコトコ走っていた路線が、1985年、電化とともに埼京線直通の
通勤路線になりました。
しかし、沿線の駅は平成に入るまで駅周辺の開発がほとんどなされておらず
東京副都心直通のメリットがある割には、利用者を今ひとつ伸ばしきれて
いませんでした。

川越線の駅周辺の開発は、旧大宮市がさいたま市に移行してから進んだと言えます。
2009年の西大宮駅の開業&駅を中心にした新しい街づくり。
2010年の日進駅の新駅舎&高崎線の宮原駅とセットにした新しい街づくり。
今回の指扇駅の新駅舎はそれらに続くものです。
2015年春には北口ロータリーも完成します。
これによって上尾方面からの利便も良くなっていくことでしょう。

川越線は、通勤時間帯をのぞくと1時間あたりの本数が3本(20分おきの運行)と
まだまだ少ないです。
ニューシャトルでさえ、日中10分間隔で走っていますから、
沿線駅の街づくり、人口増加にともなって本数を増やしていってほしいものですね。

埼京線が直通している区間の駅で古い駅を使い続けているのは
お隣の南古谷駅だけとなりましたが、南古谷も2020年までに駅を新しくするようです。
南古谷は川越市の東部。蓮で有名な伊佐沼の入り口にもなる駅です。
周辺には久下戸をはじめとした一面の水田地帯ですし、新駅舎は蓮をイメージして
緑、青、ピンクを使った色合いの駅にするといいと思うのは私だけでしょうか?(笑)
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM