SCAJ 9/25

こんばんは。晩秋のマスター、堀江幸一です。

さて、SCAJ2014展示会に2日目にして会場入りしました。
晩秋も加入している共同購入会C−COOPのブースにほとんど1日立っていました。

一般の方や、自家焙煎店やカフェを実際にやられている方、これから開業しようという方、
コーヒービジネスにすでに携わっている方、色々な方がお立ち寄りくださいました。

ブースに毎年立っていますが、スペシャルティコーヒーに対する関心が年々
高まっていると感じます。

午後、日本バリスタ選手権(JBC)の決勝戦がおこなわれ、ブースからもその様子が
見えました。

結果はC−COOPメンバーであるUnir(ウニール)さんの山本知子さんがなんと2位!
2位は大変名誉なことです。相当努力されたことと思います。

晩秋はもちろん同じ豆を使って自家焙煎店をしていますので、仲間の活躍を大変誇らしく
思います。

スペシャルティコーヒーの最前線をいくC−COOPのメンバーであることを
これほど嬉しく思ったことはありません。

仲間の活躍を見て、晩秋に来てくださるお客様にスペシャルティコーヒーの魅力を
自信をもって伝えられるよう、私も努力していきたいと思います。

SCAJ2014も明日で最終日。私は明日も会場に行きます。
晩秋のお店はスタッフががんばって17時半まで営業します。

スタッフががんばってくれている分、できるだけ情報を得てこようと思います。
C−COOPのブースには13時以降います。
会場にいらしたら、是非お声がけくださいね。

下の画像は今回、最終日までJBCで勝ち残ったC−COOPの豆を使った
バリスタさんを応援した横断幕です。
C−COOPブースの上部に飾りました!






********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net

SCAJ2014開幕! グレースさんとお食事

こんばんは。晩秋のマスター、堀江幸一です。
昨日9/23(火)、SCAJのブース設置のお手伝いのために東京ビッグサイトに
行ってきました。

いよいよ、本日9/24(水)から26(金)までコーヒー最大の展示会SCAJ2014が
開催されます。
http://www.scaj2014.jp/

SCAJ2014には、晩秋が生豆の買い付けに参加しているC−COOPもブース出店します。

出店の準備にあたった9/23(火)、夕食をコスタリカのグレース・メナさんたちと
ご一緒しました。
グレースさんはデリカフェという会社を経営されており、私たちにコスタリカの
スペシャルティコーヒーを紹介してくださっています。
今扱っているエル・チャヨーテ農園もグレースさんを通して買ったコーヒーです。

陽気な皆さんと、お寿司屋さんで楽しく食事を頂きました。

帰り際にコスタリカのお土産を頂きました。

木彫りの名刺入れです。

後ろには作った職人さんの名前が!

コスタリカでは生産の方法に果肉をとったあと、粘液質をつけた状態で乾燥処理に入る
ハニープロセスという製法でコーヒーを仕上げるのがだいぶ多くなってきているのですが
それについてもお話を聞くことができました。

ハニー製法にも、ブラックハニーとか、ホワイトハニーとか処理の方法も
いろいろあるのですが、会の仲間が「新しい製法にクリスタルハニーなんて
名前つけたらどう?」なんて冗談まじりで言ってみたところ、一同大爆笑でした。

確かになんかすごそうですよね(笑)

さて、今年のSCAJ2014、展示会のテーマは「サプライズ」だそうです。
どんなビックリに出会えるんでしょう。楽しみです。

私は25日(木)と26日(金)に会場にいます。
もしよろしかったら会場まで遊びにきてください。
お待ちしております。

********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net 

SCAJ2014開催やそれに伴う営業時間変更のお知らせ

こんばんは。晩秋の店主・堀江幸一です。

コーヒー業界最大のイベントSCAJ2014が9/24(水)から9/26(金)の3日間、
東京ビッグサイトで開催されます。
http://www.scaj2014.jp/

コーヒー関連企業やコーヒー生産国なども展示ブースを出し、
イベントステージではエスプレッソなどの日本一を決める大会なども数多く行われます。

晩秋は共同購入会C−COOPでスペシャルティコーヒーの買い付けや勉強などを
おこなっており、例年どおり、今年もC−COOPとして展示ブースを出店することに
なりました。

その出店準備や、セミナー参加、ブース担当の割当などで、晩秋の閉店時間を
2日間変更いたします。

9/23(火)・・・17時閉店
9/26(金)・・・17時30分閉店

ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

また、SCAJの入場無料チケットが10枚ほどあります。ご希望される方には
差し上げますのでスタッフまでお気軽にお申し付けください。

発送でご注文のお客様は通信欄などに「SCAJチケット2枚希望」などとご記入ください。

あと、6月下旬から7月上旬に晩秋をご愛顧頂いているお客様宛てにお届けした
ダイレクトメール、そこに記載されているサービスの使用期限が9月30日と
せまっております。
まだ使われていない方は、是非使ってくださいね。

9月になり、めっきり涼しくなり、温かいコーヒーがおいしい季節になりました。
おいしいスペシャルティコーヒーをご用意してお客様のご来店を心よりお待ちしております。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net

SCAJ中級カッピングセミナー

6/7(土)、お店をお休みさせていただいて、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の中級カッピングセミナーに参加してきました。

カッピングはコーヒーの味を見て、評価することです。ワインのテイスティングみたいな
ものですね。カッピングセミナーはカッピングの技術を磨くセミナーというわけです。

晩秋はスペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)を専門に扱っていますが、
スペシャルティコーヒーは飲んで良さがあるものでなければなりません。

コーヒーは嗜好品としての意味合いもあるので、絶対的な評価はありえませんが
それでもスペシャルティコーヒーには「コーヒーの飲めないお姉ちゃんが飲めるように
なった!」と言われるほどの魅力や味の素晴らしさがあるコーヒーだと思います。

スペシャルティコーヒーの目利き、またスペシャルティコーヒーのなかでも
品質の差はあります。
点数が90点近くあるカップ・オブ・エクセレンス入賞豆と、80点くらいのスペシャルティ
コーヒーではやはり差があるのです。
その魅力や品質の違いをちゃんと理解し、その味の良さを何かの言葉に置き換えて
表現します。
明るく鮮やかな酸と風味があったら「オレンジを思わせる風味」と表現したり、
滑らかさを伴った甘さがあればその程度を判断して「ミルクチョコレート」とか「キャラメル」といった言葉(コメント)で表現します。
もちろん良さがあった場合に限ります。
好ましくない風味にそのような表現を使ったところで、お客様は納得していただけない
でしょう。
スペシャルティコーヒーはお客様に良さを感じていただいてはじめてスペシャルティコーヒーとなるものだと私は思っています。
スペシャルティコーヒーはお客様あっての商品です。

そんな商品を扱うのですからトレーニングは欠かせません。

上のホワイトボードはつけたスコアが合っているかどうか採点してもらっているところです。
スコアが合ってるだけでなく、スコアに応じたコメントがつけられているかというところも
重要なポイントです。

今後もがんばって魅力的なコーヒーを買い付け、良さを引き出す焙煎を目指して
試行錯誤し、がんばっていきたいと思います。
********************************************************************
スペシャルティコーヒー豆専門店
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
住所 :埼玉県上尾市向山4-1-1 ヴィラ雛1F
TEL:048-725-0151
HP:http://www.bansyu-coffee.net

SCAJ2013

日本で最大のコーヒーの展示会「SCAJ2013」が今年も東京ビッグサイトで
9月25日(水)から27日(金)までの3日間、開催されます。

http://www.scaj2013.jp/index.html

楽しいイベントですので是非遊びにきてください。
来れるという方には無料招待券も差し上げています。
スタッフまでお気軽にお申し付けください。

晩秋も参加している共同購入会C−COOPのブースも例年どおり出店します。

私自身は27日のローストマスターズチャンピオンシップのイベントにも参加します。

会場でお待ちしております。

あと、共同購入会C−COOPは入会者を募集しています。
スペシャルティコーヒーを勉強したい方、スペシャルティコーヒーの素晴らしさを
お客様に伝えたい、カフェ経営者の方、自家焙煎店経営者の方、あるいは開業予定の方。
一度、C−COOPのブースにお立ち寄りください。
一緒に勉強していきましょう!ご来場お待ちしております。

********************************************************************
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
HP:http://www.bansyu-coffee.net

SCAJ2012いよいよ開催!

コーヒーの展示会としては国内最大となるSCAJ2012が
今年も9/26(水)〜9/28(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。
http://www.scaj2012.jp/

生産国やコーヒー関連企業が様々なブースを出しますし、JBC(ジャパンバリスタ選手権)の決勝
など様々なイベントが開催されます。
私も28日の13:00から16:00まで行われるローストマスターズチャンピオンシップに出場します。

晩秋の加入している共同購入会C−COOPもブースを出します。

お時間に都合のつく方は是非お立ち寄りください。

そうそう今年は無料招待状がなぜかたくさんあります(笑)
欲しい方は晩秋の店頭でお声がけください。差し上げます。早いもの勝ちです。

*********************************************************************
自家焙煎珈琲 晩秋
店主 堀江 幸一
HP:http://www.bansyu-coffee.net

SCAJ2011

年に1回行われるスペシャルティコーヒーの展示会、今年も「SCAJ2011」として
東京ビッグサイトで9/28(水)から9/30(金)までの3日間とり行われました。

国内外のコーヒーに関係する企業、生産国も自国のスペシャルティコーヒーを知ってもらおうと
ブースを出店します。
イベントも連日おこなわれ、観覧に来られた一般のお客様も含めてスペシャルティコーヒーに
まるまるドップリ浸かれる楽しい展示会です。
生産国のセミナーもおこなわれ、スペシャルティコーヒーを生産する国の最新情報を
得ることもできます。

今回私は、晩秋も買い付けに参加している共同購入会C−COOPのブース出店に携わりました。

コーヒー好きの一般のお客様や、スペシャルティコーヒーに関心をもたれている方に関心をもって
もらえるように一生懸命、試飲と説明をしましたよ(笑)

写真は、同じ会の淡路島のタワーコーヒー、平野さんに撮ってもらいました。


見学ももちろんしましたが、気になったパネルがこれ。グァテマラの生産国ブースですね。
結構大きくてインパクトがあったんですよー

SCAJ2011開催間近!

 更新が開いてしまって申し訳ありません。

コーヒー業界最大の展示会SCAJ2011が今年も東京ビッグサイトで開催されます。
9/28(水)〜30(金)の3日間です。
http://www.scaj2011.jp/
入場チケット3枚あります。行けるかたには差し上げますので、是非いらしてください!!

ここ数年、晩秋のお客様も何人かいらっしゃってます。

私は共同購入会C−COOPのブースに29(木)、出店のお手伝いに入ります。
是非お立ち寄りください。

SCAJ初級カッピングセミナーin高崎 サポート

10/27(水)、SCAJ初級セミナーを群馬県の高崎で開催するということで
サポートメンバーとしてお声がけをいただき、行ってきました。
大和屋さんの高崎本店
開催場所は関東圏内にチェーン店を数多くもつ大和屋さん。その本店2階の催事場でおこなわれました。大和屋さんはコーヒー豆と関連商品、カップや茶碗など陶器の販売をやられています。
カップの準備
セミナーのための準備中です。
カッピング説明
カッピングの説明がはじまりました。自分もあんな感じで説明を受けていたのですね^_^;
カッピング中
カッピング中です。コーヒーの味を見て、スペシャルティコーヒーの品質基準のもとに評価をしていく作業です。評価できるようになることがスペシャティコーヒーの世界に入る第一歩です。道のりは長く厳しい世界です。私もまだまだ修行中の身です(ー_ー)!!
参加者の方たちに不都合がないように気を配りました。
サポートメンバー用のカップもあり、私もカップしました。素材を知っているとまた見え方が違ってきますね。これはこれで勉強になります。
コーヒーチェリーの模型
会場にあったコーヒーチェリーのスケール(模型)です。よく出来ていたのでパチリ。カッピングの説明でも使われました。大和屋さんのスタッフに冗談交じりで「従業員教育にいかかですか?16万円です」と言われました・・・・。いえいえ^_^;間に合ってます!(何が?)
大和屋さん店内
大和屋さんの店内です。色々な陶器や商品があって、見ているだけでも楽しいです。お土産買ってかえりましたよ〜。

今回のセミナーの位置付けは地方版という意味合いが強いのですが、それでも東京からいらしている方が結構多いようでした。スペシャルティコーヒーの勉強に熱心な方が本当に多くなってきたと思います。
みなさま、お疲れ様でした。

SCAJ実践講座カッピングセミナー

1ヶ月前の話になりますが、5/13(木)に晩秋も会員として加入
しているSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の
実践講座カッピングセミナーに参加してきました。

SCAJのテクニカルスタンダード委員会では
コーヒーの味を評価する方法としてカップ・オブ・エクセレンス方式によるカッピングセミナー。
スペシャルティコーヒーの知識を学ぶ勉強会としてコーヒー講座。
この2本柱を定期的に実施しています。

今回、知識として得てきたものを実際カッピング(コーヒーの味を評価すること)してみよう!ということになり、実践講座カッピングセミナーという
新しい名称のもと、SCAJ初の検証セミナーが実施されました。
カッピング

まずは、収穫されるコーヒーチェリー。
コーヒーチェリー
コーヒーの実(コーヒーチェリー)は同じ木のなかでもすべてのチェリーがどれも同じ熟度で実付くわけではありません。
素晴らしいコーヒーを作るには、どれを収穫すればいいかおわかりですか?

正解を言ってしまうと、右から数えて4番目から6番目まです。
「7番目だって赤いじゃん!」と言われてしまいそうですが、
これでは完熟までいっていないんです。未完熟チェリーですね。

チェリーを収穫したあとの生産処理で、”4番目から6番目まで”以外の
ものは工程のなかで順次はじいていくのですが、
工程ごとにはじいたチェリーだけを集めるとどんな味になるのか、
どう品質が低下しているのか検証するのがこのセミナーの目的なわけです。

おいしそうなコーヒー生豆?
「この生豆きれいだね」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
この生豆、実は最初の水流の比重選別で水に浮いてしまったものなんです。
果肉をとってしまうともう見分けはつきませんが、水に浮くということは
中身はスカスカ。上のチェリーの写真で言うと完熟を通り越して、過熟ですね。右から1番目〜3番目のコーヒーだと思います(たぶん)

コーヒーを生豆の状態のときに選別しておけばコーヒーが美味しくなると
言うお店がありますが、これを見ると果たしてそうかな?言い切れるものかな?と思ってしまいます。
実は果肉を剥いてしまうと、未完熟も完熟も過熟もわからないものなんです。

こんな感じの内容のセミナーを一日受講しました。
最後に・・・産地でもコーヒーの味の良い悪いを評価すべく
スペシャルティコーヒー評価方式でカッピングをしているというスライドをご紹介します。
生産者のカッピング光景
飲んだ人の視点で味を評価する市場は、産地でも意識されているということですね。
わたしも負けていられないなあ〜と思いました(笑)
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM